修理しなければいけない水漏れ

修理しなければいけない水漏れ 水は命にもかかわる大事なライフラインです。日本では、蛇口をひねると、どこでも水を手に入れられます。それも飲料水が手に入るのは、大変恵まれた環境にあるのは間違いありません。それほど大切な水であっても、トラブルが起きれば使うことができなくなります。家庭の中でも同じことで、水漏れが起きると使えないだけではなく、経済的な影響も受けるのが水回りです。できるだけ早く修理をしなければいけません。
水漏れの中には自分で直せるものもありますし、業者に依頼して点検してもらい修理が必要なケースもあります。どんなことが起きるのかを考えてみると、だれが直すのか、依頼先に至るまで判断もしやすくなるでしょう。

■だれでも驚く非日常的な水漏れの状況

水漏れが起きると、日常的に起こることではないため誰しも驚きます。水漏れという状況を考えると、水道会社などでなければ普段は目にすることはありません。そんな状況の中で対応するため、簡単なことではないのは容易に想像がつきます。
まずは焦らずに行動することが大切なのは、正しい判断をする必要があるからです。水が流れ出ている状況は、供給を止めることから始めなければいけません。水の供給を供給を断てば、設備として持っている水量以上は流れ出ることがないからです。トイレを例に取れば、タンクにたまっている水が流れても、供給を断てばそれ以上は流れてきません。
止水栓や元栓が設置されているため、必ず閉めてから原因の確認を行います。水が出たままでは被害が拡大するだけでなく、思わぬ事故も起こすからです。

■専門業者の修理が必要な給湯器
多くの家庭に普及してきた給湯器も壊れないわけではありません。使っている間に劣化が進むのは避けることができない部分です。つなぎ目などにはパッキンも使われており、水漏れがしない設計になっていますが、劣化したものは交換しなければ漏れてくる水を止められなくなります。
給湯器には多くの水が供給され、ガスや電気で温められますが、簡単に修理ができません。水であれば供給を止めれば済みますが、ガスや電気は目に見えない問題を抱えるからです。ガス燃焼器に水がかかれば、不完全燃焼を起こし、生命にかかわる問題が出てきます。素人が修理するのは、非常に危険な設備でもあり、なんらかの問題が出たときには使用をやめて、専門業者に依頼して点検や修理をしてもらうことが必要です。

■食洗器からの水漏れもある

家庭にある水を使う設備は、いろいろと増えてきています。そのひとつに挙げられるのが食洗器です。食器を洗う便利な機械ですが、給水ホースをつなぎ使用します。もっとも多い原因なのが、このホースの接続部分にあります。ゆっくりと漏れてくることが多く、食洗器の下が水浸しになることがあります。シンクに流れていくため気がつかない場合もありますが、早めに修理するべきでしょう。
深刻な状況になるのが、食洗器本体からの水漏れです。あとから設置したものであれば、シンクに水が流れていく程度でも済みますが、ビルトインタイプになると、本体の故障は深刻な状況を生み出します。部品の経年劣化が大きな原因になりますが、専門業者による修理も必要ですし、買い替えといったことも考えなければいけません。

■まとめ
水回りの設備では、水漏れは必ず出てくるトラブルです。メンテナンスをしていなければ、余計に発生する可能性が高まります。わずかな水漏れでも、水道であれば使っていないのに水道代を払わなければいけません。
漏れた水が流れ出ることも大きな問題です。建物の床も傷めてしまいますし、建物の部材にダメージを与え、シロアリなどの問題につながる場合もあります。多くの問題を発生させるため、早めに修理するためにも、どんなことが起きるのか知ることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース